健康ダイヤルweb

[運営] ドクターフォーラム出版
健康ダイヤルプロジェクト
〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-60-2 パークビル4F
TEL:03-3984-2421 FAX:03-3590-4927

フレイル(虚弱化)

要介護になる前段階の状態

人は加齢に伴い、自然と心身の機能は衰えていくもので、生物としては避けられないことです。このような体が衰えた状態を「フレイル」(虚弱化)といいます。このフレイルの状態は、「要介護になる危険性は高いが、健康を維持できている状態」を指します。つまり、健康と要介護の中間にある状態を意味しており、身体機能の障害により、自立した生活を送れない状態とが区別しています。
フレイルには、低栄養や筋力低下などにより転倒を起こしやすくなる「身体的フレイル」、認知機能や気力の低下、うつ状態といった「精神的フレイル」、引きこもりや社会的交流の減少、独居暮らしなどの「社会的フレイル」の3つの側面があります。フレイルで注意したいのが、1つのフレイルが他のフレイルを引き起こす要因になってしまうことです。例えば、加齢により活動量が減少すると、筋肉量や筋力が低下してしまいます。すると、1日のエネルギー消費量が減ることで、食欲も低下し、低栄養へ繋がってしまいます。そして、これらによって引き起こされた身体的な虚弱は、気力の低下に繋がり、引きこもりの原因にもなります。
このような負の連鎖を繰り返す「フレイスサイクル」に一度陥ってしまうと、要介護状態となるリスクが一段と高まってしまいます。つまり、「フレイルを予防すること」とは、1つはフレイルとなる要素を排除すること、そしてもう1つは、フレイルサイクルによる加速・進行を防ぐということを意味しているのです。


フレイルのケア

フレイルはこのように身体的、精神的、社会的の3つの側面が相互に影響し合って引き起こされることから、総合的な取り組みが必要となります。ご自身でできる対策としては、まさに健康長寿の3本柱である「栄養・運動・社会参加」の取り組みそのものです。生活習慣病対策を行いながら、栄養(バランスの良い食事、十分なたんぱく質を摂る、口腔機能の維持)、身体活動(運動、外出の機会を多くする)、社会参加(就労、趣味、ボランティア)の3本柱を一体的に捉えて底上げし、より早い段階からフレイル予防へ向けた取り組みを行うことが求められます。
加齢に伴う心身の衰えは、ある程度は仕方のないことです。しかし、歳のせいだからといってこの状態を放置せず、心身の衰えに早めに気づき、早めに対処することが大切です。


Dr.池田義雄 健康長寿のための肥満・糖尿病セルフコントロール 健康ダイヤルとは 無料プレゼント 主な生活習慣病 予防・改善 リンク集