健康ダイヤルweb

[運営] ドクターフォーラム出版
健康ダイヤルプロジェクト
〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-60-2 パークビル4F
TEL:03-3984-2421 FAX:03-3590-4927

コロナ社会での介護予防

感染予防と並行して介護予防

新型コロナウイルスが収束して、平穏な生活が戻るまでにはまだまだ長い道のりが想定されるだけでなく、これまでに登場したウイルスがそうであったように、完全には消滅しない可能性もあります。よって、私たちは、これから先も新型コロナウイルスと共に生きていくことを前提にして、生活上多くの制約がある中で「感染予防」と並行して「介護予防」へ向けた取り組みを行わなければなりません。
大変な状況下ではありますが、「3密(密閉・密集・密接)を避ける」、「マスクの着用」、「こまめな手洗いやアルコール消毒」といった一般的な衛生対策をしっかり行った上で、特に高齢者が自宅で過ごす時間が長くなる場合は、次のような習慣を維持して、生活不活発やストレス過多にならないように心掛けましょう。
<運動のポイント>
「動かない」状態が続くことにより、心身の機能が低下して「動けなくなる」ことが懸念されます。また、転倒などを予防するためにも、日頃からの運動が大切です。
◆人混みを避けて、1人や限られた人数で距離をとって散歩する。
◆家の中や庭などでできる運動(ラジオ体操、自治体のオリジナル体操、スクワット等)を行う。
◆座っている時間や横になっている時間を減らし、足踏みするなど身体を動かす。
<食生活・口腔ケアのポイント>
低栄養を予防し、免疫力を低下させないために、しっかり栄養を摂ることやお口の健康を保つことが大切です。
◆3食欠かさずバランスよく食べて、規則正しい生活を心掛ける。
◆毎食後、寝る前に歯磨きする。
◆しっかり噛んで食べる、1人で歌の練習をする、早口言葉を言うなど、お口周りの筋肉を保つ。
<人との交流のポイント>
孤独を防ぎ、心身の健康を保つために、人との交流や助け合いが大切です。
◆家族や友人と話す。
◆家族や友人と手紙やメールなどを活用し交流する。
◆買い物や移動など困った時に助けを呼べる相手を考えておく。


主観的幸福感を高める

コロナ社会の中で求められる新しい生活様式は「人と人との身体的距離を保ちながらお互いに支え合っていく」というこれまでの常識を大きく覆すものです。そこで、私たちがこれから先も様々な制約がある中で要介護状態とならずに、より健康的に生きていくためには「主観的幸福感」を高めるという視点を持つことが重要になっていくといえるでしょう。
主観的幸福感とは、現在の自分がどのくらい幸せかを主観をもとに測るもので、高齢化社会の進展とともに、幸福感と健康との関係性についての調査研究が盛んに行われるようになりました。幸福感の尺度を測る方法には様々なものがありますが、衣食住・就業・趣味・健康・家族・友人・社会参加などの項目について、「満足している」、「まあまあ満足している」とポジティブに思っている人の方が、「満足していない」と思っている人に比べて、要介護状態になりにくいことが明らかとなっています。この結果は、物事をポジティブに考える人の方が、他者と関わったり社会参加する機会が多く、これらの思考や行動が心身の衰えを緩やかにしていることを示しています。
このような点から、例えば、新型コロナウイルス感染予防のために自宅で過ごすような時間が増えたのであれば、思う存分にその時間を趣味や新しい生きがいを見つけることに充てたり、これまで社会参加が少なかった人ほど能動的に家族や友人に連絡をする回数を増やしてみるなど、現在の環境を前向きに捉えつつ、「心の持ちようをしなやかに」していくことが求められます。
2025年からの日本はまさに「大介護時代」―。加えて新型コロナウイルスの完全な収束までの道のりが長引けば、医療、介護、認知症などの分野で懸念される諸問題の発生がこれよりも前倒しで表面化する可能性もあります。個々人が主観的幸福感を高め、それが自然と介護予防へとつながる前向きな行動を招くという好循環を生み出すことが、このような困難な時代を健康的に生き抜いていくための重要なカギとなりそうです。


Dr.池田義雄 健康長寿のための肥満・糖尿病セルフコントロール 健康ダイヤルとは 無料プレゼント 主な生活習慣病 予防・改善 リンク集